The Human Abstract 人の姿(有心)

誰かを貧しくさせないかぎり

哀憐の居場所はなくなろう

みんながわれらのように幸福であれば

慈悲は居るにも居られなくなる

 

互いのおそれが平和をもたらし

そのためいよいよ利己愛がつのる

そして残忍はわなを編み

注意深くそのおびき餌をひろげる

 

残忍は恐怖を聖化して坐りこみ

涙ながし地上をうるおす

えたりかしこしと謙遜は残忍の足もとに

かぶかと根をおろす

 

やがて暗鬱な神秘の木が

残忍な頭上に枝をはりめぐらし

毛虫と蠅が

この神秘を食ってふとる

 

ついにそれは欺瞞の実をむすぶ

赤く熟れていて食えばうまい

そのうち渡り烏が巣をかけた

最もよく茂ったくらがりに

 

山と海の神神たちはこの木を求めて

くまなく自然界を探しまわった

しかしかれらの探索はすべて空しい

人間の脳髄にこの木が一本生えている

 

ブレイク詩集 彌生書房