蜘蛛の糸を確保すること

職場に蜘蛛が出たことがある。なかなかに大きな蜘蛛であったので、紙で掴んで外に投げてやった。他の従業員なら殺していたかもしれない。もし、私が死後、地獄へ落ちたのなら、とりあえず蜘蛛の糸を一本確保したことになるだろう。