綺麗な朝

朝起きると、テーブルの上にビールの空き缶が数本と灰皿、その隅に小銭が置いてあった。食事の済んだ皿は片付けられていない。油は白く凝固していた。その全ての匂いが部屋に充満していた。綺麗な朝だと感じた。